特定非営利活動法人 鳳雛塾

事業内容

法人概要

イベント関連案内

アクセス

キャリア教育事業

ビジネススクール

12期活動報告

 第12期鳳雛塾

第14回
(最終回)
2010.03.19

【授 業】 プレゼンテーション
【ケース】 「株式会社秋川牧園」
【講 師】 梁井講師
【会 場】 TOJIN茶屋
【内 容】
今後の展開に関する塾生のプレゼンテーション
秋川牧園のこれまでの成功要因と今後の経営政策(関東圏に進出する際の戦略)について代表の塾生がプレゼンテーションを行いました。
最終回には、過去の塾生やケースメソッドに関心のある佐賀大学生も参加し、様々な議論へと展開しました。
【発表者】
1.庄山さん(佐賀大学生)
2.田中さん(社会人)
3.下窄さん(オブザーバーの学生)
4.高橋さん(社会人)
5.事務局メンバーグループ
議論の中心となったのは、関東圏へ進出する際の組織体制について、理念の継承とネットワークの拡大をいかに実現していくか? また、財務諸表を細かく分析して店頭公開の是非についての議論にもつながりました。
過去、13回実施したケース授業の総まとめとなる最終回となりました。

 

 

 

第13回
2010.02.19

【授 業】 ケースディスカッション
【ケース】 「ファーストリテイリング・ユニクロ」(後半/第2部)
【講 師】 梁井講師
【会 場】 TOJIN茶屋
【内 容】
ファーストリテイリング社の今後の展開について塾生のプレゼンテーションを実施(サブタイトル1兆円企業から5兆円企業を目指して)。
成長戦略として、
・既存市場に特化した戦略
・新規市場への展開による拡大戦略
・海外戦略
・アニメ等を活用した商品展開
・新規開発商品の取り組み(フリースに続く商品)
  etc
あなたならどうする!

 

第12回
2010.02.02

【授 業】 ケースディスカッション
【ケース】 「ファーストリテイリング・ユニクロ」(前半/第1部)
【講 師】 梁井講師
【会 場】 TOJIN茶屋
【内 容】
 第1部は、ユニクロの他小売業との差異分析およびフリースが爆発的に売れた要因分析など
 デフレ経済のなか、依然として高利益率を誇るユニクロ。しかしユニクロとして第1歩を踏み出した80年代前半は泣かず飛ばずの状況であった。その後独創的なコンセプトのもと急成長を遂げ、95年頃には新業態の挫折と既存店の減速で低迷期へ。しかし98年頃から新たな戦略を打ち出し第2次成長期を迎えてからは、フリースブームに象徴されるよう「ユニクロ・ブーム」を巻き起こす。この強さの秘密は。

第11回
2009.12.18

【授 業】 ケースディスカッション&忘年会
【ケース】 「ドン・キホーテ」(後半/第2部)
【講 師】 梁井講師
【会 場】 TOJIN茶屋
【内 容】
 第2部は、ドン・キホーテの管理システムと今後の展開について
 急成長を遂げたドン・キホーテも企業規模の拡大とともに多くの問題点も見えてきた。そのひとつに内部の業務システムの確立があげられる。店舗管理、労務管理、システム管理から地域社会との交流など。そのようななか騒音問題等で地域住民とのトラブルが発生してきた。ドン・キホーテにとっての更なる成長のために今後取るべき戦略は・・・。
 その後、場所を移して忘年会に突入!!

 第10回2009.12.11

【授 業】 塾生企業の発表会
【会 場】 TOJIN茶屋
【内 容】 
 塾生間の情報交流、意見交換を目的に、企業・事業所の活動状況等を報告。 参加者少数のため、教育事業のあり方等についてディスカッション。

 
 第9回2009.11.24

【授 業】 ケースディスカッション
【ケース】 「ドン・キホーテ」(前半/第1部)
【講 師】 梁井講師
【会 場】 TOJIN茶屋
【内 容】
 第1部はドン・キホーテが誕生するに至った社会的背景、小売業の変遷など環境分析とドン・キホーテのコンセプト
 日本の小売市場の主役は、戦後のある時期まで小売業の代表格だった三越(大型百貨店)から破竹の勢いで成長してきたダイエー、また同じ業態のジャスコ、西友、マイカルなどの量販店と変遷してきた。その後、世の中に便利さを提供してきたコンビニエンスストア、そしてバブル経済期以降の景気低迷気に成長してきたがドン・キホーテやマツモトキヨシ、ダイソーなどの新興企業である。ドンキホーテのコンセプトは、「CV+D+A(コンビニエンス+ディスカウント+アミューズメント)」という新しいタイプの店舗形態である。いま消費者が求めている小売業とは・・・。

第8回2009.10.28  【授 業】 ケースディスカッション
【ケース】 「秋川牧園」(遠隔で実施)
【講 師】 飯盛講師
       (慶應SFCにいる飯盛講師と遠隔授業)
【会 場】 TOJIN茶屋
【内 容】
 回線不備のため遠隔授業が実施できず、急遽、財務分析の勉強会に変更。塾生(税理士事務所勤務)による財務分析講座を開催し、貸借対照表、損益計算書の見方、考え方および実際の企業の事例を元に分析手法について研究。
 
第7回2009.10.16  【授 業】 ケースディスカッション
【ケース】 「株式会社吉野家ディー・アンド・シー」
       (後半/第2部)
【講 師】 梁井講師
【会 場】 TOJIN茶屋
【内 容】
 第2部は予期せぬBSE問題の発生から牛丼不在の吉野家まで。
イギリスで発生したBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)問題に端を発し、2001年9月、国産牛でもBSEが発覚した。2003年末には吉野家が使用する米国産牛肉についてもBSE問題が発生し、米国産牛肉の輸入停止措置がとられた。翌年2月にはメニューから牛丼が消え、新たに数々の新メニューが登場した。ライバルの動向も気になるところだが、米国産牛肉にこだわる吉野家に勝算はあるのか・・・。

 

第6回2006.10.02 【授 業】 ケースディスカッション
【ケース】 「株式会社吉野家ディー・アンド・シー」
       (前半/第1部)
【講 師】 梁井講師
【会 場】 TOJIN茶屋
【内 容】
 第1部は吉野家の立ち上げからBSE問題が発生する前まで。
 1899年、東京の魚河岸に開店した定食屋から始まった吉野家。チェーン化による「安い」「早い」「うまい」を追求し急成長を果たしたものの、1980年には会社更生法適用になるなど、急成長と挫折を経験。その後、安部社長新体制のもと度重なる価格の改定や事業の多角化・M&Aを繰り返しながら経営基盤を固めていった。しかし、今度は思いもよらぬ事態が・・・。 

 

第5回2007.09.16  【授 業】 ケースディスカッション
【ケース】 「ライフコンプリート」遠隔
       (佐賀大学・鳳雛塾作成ケース)
【講 師】 飯盛講師
       (慶應SFCにいる飯盛講師と遠隔授業)
【会 場】 TOJIN茶屋
【内 容】
 介護保険制度の改革に伴い、民間事業所が本格的な介護事業に参入できるようになった。同社は地方を拠点とした総合介護施設、介護ビジネス向けのコンサルティング事業、健保組合支援事業、ソフト開発事業の4つを主力事業として誕生した。経営の随所に創業者である塚原氏の理念や思いが込められており、その最大の特色が施設内に設けられた昇降床付きプールである。将来は株式公開まで考えているが今後の経営は如何に・・・。 

 

第4回2009.09.01 

【授 業】 ケースディスカッション
【ケース】 「ネット社会と企業経営」
       (佐賀大学・鳳雛塾作成ケース)
【講 師】 飯盛講師
【会 場】 TOJIN茶屋
【内 容】
 12月25日、地元銀行がつぶれるという1通のデマメールによって地域を揺るがす規模の取り付け騒ぎ事件が起きた。この地域は夏以降、大手建設会社の倒産や共済組合の破綻などで経済が冷え込んでいた。インターネットや携帯電話などこれからのネット社会は私たちにどのような功罪をもたらすのか・・・、またこのような事件は未然に防ぐことが出来るのか・・・。
今回は、飯盛講師の集中講座(佐賀大学夏季集中講座) を受講している学生5名が聴講で参加してくれました。 

 

第3回2009.08.21  【授 業】 塾生企業の発表会
【会 場】 TOJIN茶屋
【内 容】
 塾生間の情報交流、意見交換を目的に、企業・事業所の活動状況等を報告。
・食品製造メーカー、バイオ関連研究開発に関する報告
・海産乾物等の製造メーカーに関する事業報告
・外国人向け日本語教室教師によるワークショップ

 

第2回2009.08.07  【授 業】 ケースディスカッション
【ケース】 「コミュニティ銭湯・おぎの湯」
【講 師】 梁井講師 
【会 場】 TOJIN茶屋
【内 容】
 昭和58年の東京荻窪、家庭用の風呂の普及に伴い公衆浴場の利用者が減少している最中、当時では全く新しいタイプの銭湯として改装オープンした「おぎの湯」。コンセプトは「コミュニティ銭湯」、友の会会員制度やエアロビ会員制度、ビデオレンタル代行やコミュニティホールの場所提供等々。各種サービスを付加価値として提供することによって、果たしてお客さまに受け入れられるのか・・・。 

第1回2009.07.24 

【オリエンテーション】 
・塾生の自己紹介
  塾生、オブザーバー、事務局
・鳳雛塾の紹介
・ケースメソッド受講に際する留意点
【ショートケース】 「テナントの漏水事故への対応」 
           (佐賀大学・鳳雛塾作成ケース)
【講 師】 横尾(鳳雛塾事務局)
【会 場】 TOJIN茶屋
【塾 生】 塾生10名
      オブザーバー3名(佐賀県職員)
      事務局3名
【内 容】
 デパート1階にテナントとして入居しているコーヒー店の配管に蓋が詰まってコーヒーが漏れてしまった。あろうことかデパート入り口付近の床(大理石)に色が染み付いて取れない状態が続いている。この問題をどう乗り切ればよいのか・・・。 

Copyright (C)HOUSUU SCHOOL. All Right reserved.